ジパング・コード(想い)



 日本人にもっと元気になって欲しい。


ジパング・コードをなぜ作ったのか?

日本人にもっと幸せになって欲しいからです。
日本人であることに自信や誇りを持って、もっと元気に生きて欲しいからです。

世の中は不況だとか未曾有の経済危機などと言われ、暗いニュースが多いかもしれません。

ですが、ベストセラー「3秒でハッピーになる名言セラピー」の著者、ひすいこたろうさんは
「人生は3秒で変わる。」
と仰います。

動かすことのできない事実に対して、それをどう見るか、受け止めるかはあなたの自由です。
そして、視点によって、不幸になることもできるし、幸せになることもできます。
山下先生の「名前のことだま」はまさに、日本人がより幸せを感じられるようになる考え方なのです。

もちろん、それを信じるかどうかはあなたの自由です。
そんなのは「こじつけだ」などと切り捨てることもできるでしょう。

ですが、山下先生の話を聞いた人の中から
「自分の名前(自分のこと)が好きになった」
「日本人に生まれて良かった」
と言う人が続出しているという事実もお伝えさせてください。

山下先生のお話は、単に面白いというだけではありません。
じわじわと、力が湧いてくるのです。
日本人に生まれて良かった、そう心から思えるのです。

世界的な不況の中、不安なことが非常に多い世の中かもしれません。
ですがジパング・コード、つまり「ことだま」が日本人に元気・活力をもたらしてくれる筈です。

みんなが忘れかけている「日本人の根っこ」。
一人でも多くの日本人の方に気づいて欲しい、私ロイは心からそのように願っています。



収益の一部の寄付について


ジパング・コードの収益の一部(1枚当たり100円)を、櫻庭 露樹(さくらば つゆき)さんが代表をつとめる
モンゴル川崎ハミングバーズを通じて、モンゴルの孤児院「太陽のこどもたち」の支援金として
寄付させて頂きます。
モンゴル支援ボランティア団体ハミングバーズ

「ジパング・コード(ことだま)」と「モンゴル支援」は一見、何のつながりもなさそうに思えるかもしれません。
ですがどちらも日本人を応援するという意味で大きな意味がある、と私ロイは確信しています。

まずジパング・コードは、日本人が忘れかけている「日本人の根っこ」を気づかせてくれます。
そしてモンゴル支援も同様に、日本人が忘れかけている重要なものを気づかせてくれる筈です。

モンゴル孤児院の子供たちは親がいない上に、壮絶な幼少期を過ごしてきています。
そしてモノもなく、情報もなく、物質的には非常に貧しい生活を送っています。

ですが彼らは、純粋な心を持っていて、精神的にはとても豊かなのです。
自分たちのことを「世界中でいちばん幸せな子供たち」だと言ってはばからないのです。

(詳しいお話にもし興味がおありであれば、ハミングバーズさんから出ている小冊子
「私たちは世界中でいちばん幸せな子供たち。」
をお読み下さい。)

日本は世界で有数の裕福な国ですが、日本人で自分たちのことを「世界中でいちばん幸せ」だと
言える子供・大人がどれだけいるでしょうか?

モンゴルの子供たちが気づかせてくれるもの。
それは、私たち日本人が忘れてかけている「心の豊かさ」なのです。

ジパング・コードのCDを通じて・・・
日本人が日本のことを、より好きになる。
そして日本人の心が、より豊かになる。


それが私ロイの願いであり、ジパング・コードにかける想いです。


英語力 コンサルタント